NAKATA Suguru / 中田 勝

2018.February

 2018.2.28(Wed) 東京 曇りのち雨
さて今日は朝から上野の東京国立博物館へ行き、特別展「仁和寺と御室派のみほとけ」。御室小学校を卒業し、仁和寺を日常的に訪れていてぼくとしては、東京を離れる直前のこの時期にこの特別展が開かれるのはどうしようもない運命を感じ、どうしても行ってみたくなったのだ。入り口で30分ほど待ち、1時間半ほど回った。解説の本(2kgくらい)も欲しかったが、少々値を張るので断念。それから田町に移動し、慶應大学や東京タワーなど三田近辺を散策。夜はスパニッシュバーで夕食。今年も良い誕生日を迎えられ嬉しい。
 2018.2.27(Tue) 東京 晴れ
さてSchoolのあとから長らく休んでいたが、午前中から作業再開。先日指導教官とメールでやりとりをしていた内容について少し話す。投稿論文の準備の状況を聞かれたが、どこの雑誌に出すのか決めないと書きづらい、ということを話すと、それは第一著者の希望がまずは優先されるべきだろうという。ぼくは◯◯誌で考えていたと伝えると、「◯◯誌では少し物足りない、せめて××誌で書いてくれ」ということなので、××誌向けに書くことにした。
今の論文は基本的には修論の焼き直しで書いているのだが、午後からは修論のときに関係性を深く考察仕切れなかった部分について、特に実験の先行研究の相互関係を把握し、そこに自分の結果が加わることによってその状況がどうなるのか、何がわかったと言えるのかを考察していた。なかなか言葉でまとまらず、図を描いたりしながら理解を進めるが、思うようにディスカッション部分の筆が進まず終わってしまった。
夕方に帰宅し、美容院へ行く。この美容院に行くのも最後になるかもしれない。帰り道に蟻やに寄って帰る。いつもはとんかつを食べるのだが、今日は美容師さんオススメのチーズチキンカツを頂く。おばさんとも少し談笑し、完全に顔見知りになったものだ。ところで今日は妙に身体が痒いと思ったがそうか、花粉症だ。
 2018.2.26(Mon) 東京 晴れ
午前中は大学で学会関連の事務処理と学会スライドの準備。それから気になっていた文献を少し勉強する。午後からは高校時代の友人とTenQに行ってきた。宇宙は絵が綺麗でアートは結びつけやすいが、物性物理はどうだろうか?という疑問が自分の中で沸々と湧いてきた。統計力学の本の前書きで田崎さんは『そして、私自身のかなりバイアスのかかった意見を述べれば、こういった科学は「面白いことが自明」ではないが、ある程度の知的背景を獲得したときに真の深さと面白さが浮かび上がってくるような深淵かつ重要な問題の一つなのである。』と、語っているけれども、本当にそうだろうか?前指導教官がモット絶縁体を説明するときに凍った滝の写真を見せるのや、エレメンタッチなんかは物性物理とアートの共存への第一歩な気がする。などと、普段考えないことを考える良い機会になった。
 2018.2.25(Sun) 東京 晴れ
昼から最後の文勤クラブ。部長に今日が最後になることを伝えると、練習の後に送別会を開いて頂いた。本当に居心地の良いクラブだったし、また東京に戻ってくることがあればこのクラブに所属したく思う。
 2018.2.24(Sat) 東京 晴れ
百貨店に行き、指輪の洗浄をしてもらう。指導教官から幾つかきていたメールに応対する。外部とのコンタクトがあると刺激になるので嬉しい。
 2018.2.23(Fri) 横須賀・横浜 晴れ
今日は横須賀にお出かけして海辺を散歩する。名物の海軍カレーや喫茶を頂いたり、ヴェルニー博物館で船舶の勉強をするなど。三笠の軍艦を模した博物館も気になったが時間が合わず諦める。夜は横浜に移動し、夜景を楽しむ。
 2018.2.22(Thu) 東京 くもり
公園でバドミントンをしたりして、ゆったりと過ごす。100円均一のラケットは競技バドミントン経験者が降るとシャフトが簡単に折れてしまうのが難点。夜は美酒鍋を頂く。
 2018.2.21(Wed) 東京 晴れ
今日は朝から電車に乗って武蔵野のNTT R&D研究センターに行って、NTT R&Dフォーラムに参加してきた。プログラムをざっと見てとりあえず目に付いた(親しみのある)「トポロジカル絶縁体」のところに行くと、研究室OBの高橋さんがいらしゃった。高橋さんとは昨年の飲み会で一度会っただけだったが、勇気を出して声をかけてみたら覚えてくださっていたようで光栄だった。少し話が弾み企業研究の良さなんかも教えてもらえ、色々と参考になりありがたかった。昼ごはんは広東麺を食堂で頂く。
それから基礎研究以外も目を引くものはとりあえず話を聞いてみたが、技術屋の方達は完成したプロダクトのすごさを伝えることに終始し、なぜそうなるのかをあまり強調しないのでなかなか興味が引きずられにくかった。自分と同じような人を引き込みたいときは、(完全でなくとも)なぜそうなるのかをわかるように話そうと心がけようと思った。併設されているNTT技術史料館も入ることができ、貴重な史料を歴史の流れとともに勉強することができ、思いがけず1時間半ほど見入ってしまった。こうやって縦糸の歴史を反芻しながら、横糸を自分の中で体系化できるだけの器用さがあれば、子供の頃も歴史を好きになっていたのかもしれないなと思った。夜はハンバーグをいただく。
 2018.2.20(Tue) 東京 晴れ
午前中はセミナー&ミーティング。相変わらずWyel系というのがよくわからないし調べる気にもならない。昨日設定をいじりはじめたMacにOfficeを入れるなど。
今日の午後からはしばらく数日間春休みということにして、今日は前々から行きたかった自由が丘にケーキを食べに行った。柵も何もない駐車場に高級車の並ぶ住宅街を歩いて、これが世田谷区かと田舎者は感心するのであった。
 2018.2.19(Mon) 東京 晴れ
午前中は疲れが抜けずずっと寝ていた。こうなるだろうと思って、最近受け取り損ねていた荷物を全てこの午前の時間に配達してもらって、マンションのインターネット解約の手続きなどを済ませた。
昼過ぎから大学に行って、ぼくの試料の引き継ぎ確認作業を同期と一緒にしていた。夕方は教室談話会で「脳科学と物理学」。人間の子供がこけずに歩けるようになるまでにはだいたい3000回くらいしか転ばないらしいが、機会学習の観点から見るとこれは劇的に少ない訓練データらしい。機会学習では勝てば報酬(あるいは負ければペナルティー)を与えるようにして、何かを学習させるというけれど、人間がスキルを習得するときもそうなのだろうか?と思い、先生に質問してみると、親が喜ぶのが嬉しいのを報酬として(ころぶと痛いのをペナルティーとして)捉え、確かに人間がスキルを得るときにも報酬(ペナルティー)を感じているのだという。これほど少ない訓練データなのだがから、機会学習的な学びではないのでは?と素人的には思うのだけれど、何か他の考え方はないのだろうか。ところで、講師の先生の話し口が京大の先生ぽっくて、楽しそうに話すのが印象的だった。ああいう65歳になりたいものだ、と思った。
それから新しく買ったMacにTime machineを使ってデータを引き継いだ。割と時間がかかってしまったが、それから初期設定等。春からMicrosoft Officeが使えないことに気がついた。調子に乗って買ったUSキーボードが手に馴染まず打ちづらい。そのうち慣れるだろうけど。
 2018.2.18(Sun) 東京 晴れ
School最終日。朝食を用意する為に9時前に研究室に。スタバに参加者の朝食を取りに行き、ホワイエの机に並べる。毎日研究室に行ったらこんな朝食が置いてあったら良いのに、とぼやいてみる。最終日とあってかなり人が減ったと見える小柴ホールで講義を受けて、昼食は瀬佐味亭にMPIとUBCの学生を連れて行く。午後からも講義を受けて、夕方頃にSchoolは終了。なんと次回は今年の12月頃にまた東京らしいので、参加できたら嬉しく思う。たくさん向こうのことを教えてくれたKatrinとMaxに別れを告げる。auf Wiedersehen!
それから研究室に戻ってSchoolのノートの整理や講義で気になった論文のダウンロードなど。夜は秋葉原巡りをしてきたUBCの学生たちと再度合流し、御徒町の吉池食堂で夕食。みんなとても良い人達で、再会を誓って解散。たくさん勉強できて、海外の学生たちとも友達になれて楽しいSchoolだったが、かなり疲れた、帰宅。
 2018.2.17(Sat) 東京 晴れ
Skytree School3日目、やや疲れが溜まってきている。午前中の花栗先生のSTMに関する極めて明快で分かり易いtalkがとても面白かった。またManske先生の話は前野研にいたころにAnwarさんがやっていた実験の話も出てきてなんとなく懐かしい気持ちになった。MPIでは本郷よりも前野研に近いことをやっている人が多い気がするので、その点についても春からの楽しみになってきた。
ランチはCapo Pellicanoに。道中たまたま一緒になったUBCとMPI Dressden、高木研の学生と席を共にした。韓国人の学生に遠距離恋愛のコツを教えてもらうなど、つくづく勉強になるSchoolである。理学部からレストランに向かう途中、藤森先生に学生が全然質問しないからぼくが何か質問しなよと言われてしまう。普段のグループセミナーでよく質問をしているせいか、質問キャラになっているのかもしれない。先生に言われたのもあって、午後からは何か質問ができないだろうかと考えていたのだが、今日は結局質問できずに終わってしまった。会議や学会では必ず1回は質問するように心がけているので、明日は何か聞きたいことができると嬉しい。
ポスターセッションでは花栗先生とKaiser先生に話を聞いてもらう。花栗先生にはBi2212のSTMの論文でよくわかっていなかった部分を逆に質問すると丁寧に教えて頂いて、今までモヤモヤしていた部分について理解がすっきりした。k-空間内に相境界を考えるという発想がなかった。Kaiser先生にも丁寧に議論してもらえて、もう少し電荷ネマティックとスピンネマティックの違いを意識して議論したほうが良いのかなぁ、という気持ちが強まってきた。4月からStuttgartに行く旨も伝えられたのでよかった。お客さんとしては島野研のLSCOのTHzのポスターとMaxのCa2RuO4の中性子のポスターの話を聞かせてもらい、どちらも(手法の基礎的なところから)よく勉強になった。
疲れたのでビールを飲みながらダラダラと同期とバンケットで雑談。バンケットのあとは今日もまたUBCの学生に飲みに行かないかと誘われたが、疲れが溜まっているので悪いけれどと帰宅し、家でのんびりしていた。
 2018.2.16(Fri) 東京 晴れ
今日も午前中からSchool。午前中のX線散乱の話を聞いて、コーヒーブレイクでKeimer先生と春からのテーマについて少し話をしていた。去年面接のときに聞いていた通り、まず最初はYBCOに関する仕事ができそうで期待通りでよかった。Keimer先生はこの次の講義の途中に帰ってしまわれたので、声をかけたのは偶然だったけれど直接話せてよかった。
昼ごはんはUBCとMPIの学生たちと本郷通りの定食屋に行く。味は比較的好評だったようだった。午後からは会場係でカメラを撮っていてあまり話が聞けなかった(疲れて集中力が落ちていたのも確かだが)。コーヒーブレイクではKatrinとMaxと雑談ばっかりしていて、向こうでの生活のことを教えてもらったりしていた。
バンケットでは島野研の学生を後輩に紹介してもらい知り合いになった。それから小林先生の元同僚のElia、UBCの学生たちと本郷通りあたりで二次会&三次会。UBCの学生と仲良くなれて、小林先生とEliaから研究のアドバイスをもらえたのでとても良い機会になった。
 2018.2.15(Thu) 東京 晴れ
午前中は東大病院に行き、処置部の抜糸。痛みが続くので不安に思っていることを全て伝えると、すべてに対し明快な説明をしてくださり気持ちがずいぶん楽になった。順調に治っているようで安心した。
午後からはMPI-UBC-UT school。小柴ホールの前に行くと、Katrinに1年ぶりに再会。同僚のMaximilianを紹介してもらい、3人でしばし談笑。14時から講義開始。初っ端のKeimer先生の中性子散乱の講義を聴くのがぼくとしては今回の一番の目的だったので、CuprateとRuthenateに絡めて話が聞けてとてもよい勉強になった。博士課程から実験手法は変わってしまうものの、学部と修士で在籍していた研究室で注目していた物質を扱う研究室に行けるのは、智が統合される感じがしてとても楽しみに思う。途中コーヒーブレイクで久しぶりにKeimer先生にも会って挨拶。夕方頃まで講義があり、土曜のポスターセッションの為にポスターを刷って、帰宅。夕食はひだまりで塩ラーメン。
家に帰ってからはVISAを申請する為に太子館の予約をとるなど。春からの研究テーマや、博士の生活について聞こうと思っていたのだが忘れていた。明日のバンケットでそういう話を忘れないようにしよう。
 2018.2.14(Wed) 東京 晴れ
どうも親知らずを抜いたあたりから派生して頭痛がする。午前中は届いた物理学会誌の米澤さんの解説を読んだりしていた。午後からセミナー&ミーティング。ミーティングの後も頭痛が止まらないので、夕方頃には帰宅。先日もらったバレンタインのチョコを頂いた。
 2018.2.13(Tue) 東京 晴れ
午前中は調子よくポスター制作を進め、昼頃に作り終えて指導教官に送信。昼は少しドイツ語の勉強をしたがあまり集中力がなかった。そのあとはarXivを見たり、論文を書き進めたりしようと思っていたが、あまり集中力が出ず、図の差し替えなどしかできなかった。メールで週末のSchoolのプログラムが送られてきて、Katrinが来るんだ〜と思っていた矢先に、彼女からメッセージがあった。元気にしているだろうか、会えるのが楽しみだ。
iPadが届くので夕方頃には帰宅。指定した時刻に届き開封の儀。それから初期設定を済ませて今晩はこれでずっと遊んでいた。
 2018.2.12(Mon・建国記念の日振替休日) 東京 晴れ
ずいぶんと腫れも引いてきたが、縫合部がきついのか軋むような痛みを感じる。木曜日以来まともになんの活動もしていなかったので(といいつつ予定通りPCを買ったので、最低限はこなせている気もするが)、今日は休日だが研究室に。他には誰もいなかったので、気ままに集中して1日中ポスターを作っていた。とにかくフラットデザインにすることを意識して、文字は主にHelveticaフォントを使い、(実際の印刷でどうなるかは刷ってみないと分からないが)色合いはnature physics風の配色にしてみた。最近はOptimaフォントにはまっていたのだが、やはり可読性にかけるような気がして今回は使うのを控えた。ポスターはいつもに比べてかなり見やすくできあがったと思う。細かいところを明日の朝修正して、指導教官に確認をお願いしようと思う。
MPIとは相変わらずVISA関連のやり取り。どうも日本の大使館でVISAをとる必要があるみたいなことがわかってきて、やや面倒である。今日は久しぶりにドイツ語の勉強をしようと思っていたのに、うっかり忘れてしまっていた。明日は昨日買ったiPadが届くのが今から楽しみ。
 2018.2.11(Sun) 東京 晴れ
昨日より腫れがひどい気がしてあまり何もやる気が出ず、今日は休みにすることを決める。朝ごはんに食パンを食べてみたが、1枚食べきるのに1時間かかり閉口する。午前中は家の掃除を久しぶりに行い、昼にはうどんを作ってもらった。ずっと家にいると気が塞ぎこむので、近所の普段通らない道を散歩してみたりした。すごく近所に実は大きな公園があったことや、知らないカフェがいくつもあったことを知り、もっと色んな道を歩いておけばよかったと思った。夜は作ってもらったナスの煮浸しを頂く。美味しい。いつ買うか迷っていたPCを(今買っても納期が月末だというので)購入した。これで仕事がより捗ると思われる。母親と少しばかり雑談の電話をして実家の様子を聞くなどして、就寝。
 2018.2.10(Sat) 東京 晴れ
やはり腫れがあまりひかず、昼まで寝てしまう。昼からはポスターを作り始めたものの全く集中力がなく、(寝ると痛みが回復するような気がして)すぐに昼寝してしまう。ものが噛めないので味のするものを食べようと思い、王将で焼き飯と餃子を買うも、結局噛めずに飲む始末。夜はCheckiOという、Pythonのオンラインゲームを見つけたので少し遊んでみた。調べて少し頭を使えば解ける感じが面白い。
 2018.2.9(Fri) 東京 晴れ
Oyashirazu 上の歯を抜いていないおかげか、前回右側と比べて血はあまり出ず、痛みも比較的素直に引いているように感じる。しかしながら昨日多量の麻酔を注射したせいか腫れがひどく、なかなかものが噛めない。仕方がないので米粒も噛まずに飲んでいるのだけれど、とても消化に悪い気がする。それにしても、またこの腫れが収まったら最後に上の歯を抜くのかと思うと、かなりげんなりする。
というわけで今日はろくに何もできないだろうと思っていたので1日休みにして、家でのんびりと本を読んだり、MPIの事務方とメールをしたりしてゆっくりと過ごした。来週のMPI-UBC-UT schoolでポスターを出すことになったので、(研究室に行けるかどうかはさておき)明日からそれの準備に取り掛かりたく思う。論文用に新しく作りたい画像があったので(締め切りもできて)ちょうど良い機会になった。
 2018.2.8(Thu) 東京 晴れ
親知らずを抜くときはどうしようもなく体力を消耗するので、午前中は家で休養。昼から東大病院に行き、左下の親知らずの抜歯。レントゲン写真で見るよりも深いところまで親知らずが進行していたらしく、一部が顎の骨に癒着していたらしい。おかげで麻酔でも抑えられぬ激痛を伴いながら左下の歯を抜くだけで1時間半もかかり、上の歯は抜けずに終わってしまった。鉄門前薬局で薬をもらい、痛みに耐え切れず帰宅し、即就寝。うどんさえ噛めない。
 2018.2.7(Wed) 東京 晴れ
昨日勉強できなかった分、今朝はarXivを覗いていると堀尾さんのチューリヒでの仕事がプレプリントに上がっていた。そこでJohanのグループはどんな仕事をしているのかなと思い、彼のグループのHPに行き最近の出版論文を見てみるとLouis TailleferグループのCuprateのネルンスト効果の最近の(おそらく博士論文の焼き直しと思われる)仕事を見つけた。(おそらくD論だけあって)かなり詳しくてNematicityやCDWとの関連についてもよく勉強になった。やはりCuparteのNematicityは2種類あるのだろうか。
屋台村で昼ごはんをとった後、久しぶり(2か月ぶり?)にドイツ語の勉強をしていた。ふとラックにあるPRLの冊子が目に入り、持ち上げてパラパラと見てみた。物理版のPRLを見るのは初めてだったのだが、こういう風になって製本されているのかと、初めて知った。それからどうしても眠くて仕方ないのでシエスタ。昼からは論文の直しをしていた。直そうと思っていたところを直して、6時過ぎに切り上げ御殿下でトレーニング。明日親知らずを抜くとしばらくお酒を飲めなくなりそうなので、近所に昨日オープンした店に居酒屋一人酒。お燗番さんがいてくれないと一人酒していてもつまらないので福助がなくなったのが今でも寂しい。
 2018.2.6(Tue) 東京 晴れ
朝は浅野キャンパスに行ってXRDの測定。先輩のマシンタイムが余ったら測定させてもらう約束にしていて、順調に測定を終えられたのでぼくも十分に測定することができた。測定の目的は2つあってそのうち1つできれば良いやと思っていたのだが、先輩の助言もあって2つとも測り終えることができた。こうやって実験室で議論しながら手を動かして測定するのは楽しい。測定中先輩と少し雑談してインターンの話を聞けたりして、ますます博士課程中のインターンに興味を持った。
明後日親知らずを抜くので今のうちに美味しいものを食べたいというぼくの要望により昼は同期と瀬佐味亭に。とんかつのパーコー担々麺は脂っこくて個人的には今ひとつだった。昼からは昨日までのビームタイムの片付けをして、それから午前中の測定の解析。この2年間の反省もあってスピードを意識する気持ちを抑えて、しっかりと記録を取りながらしかし着実に解析を進める。夕方頃にはデータの処理も片付いて、報告用のスライドも作り、指導教官に送信。実家に送る書類を本郷郵便局に出して、帰宅。
こうして実験室で1日の半分を実験、もう半分を居室で解析と記録に集中して気がついたら1日が終わっている今日の満足感はかなりすごい。(arXivを見る時間などインプットがあれば最高だが)こういう1日の過ごし方がぼくが思い描く理想的な1日だ。学部生の頃、実験室で自分で実験をデザインできる裁量感に魅力を感じて素粒子実験ではなく物性実験を志した経緯もあって、春からの研究では大型施設での出張実験だけでなく実験室での実験を日々の研究に取り入れられるようになるととても嬉しく思う。
 2018.2.5(Mon) つくば >> 東京 晴れ
午前9時にビームタイム終了。ぼくは主に論文の書き直しをしていた。出力画像サイズを変えるとなぜかPov-rayがうまく動かなくなってしまい弱った。家に帰ってからは雅山に行こうとしていたのだが閉まっていたので、美容師さんオススメの一寸亭に行ってみたが、残念ながらぼくはあまり好みではなかった。それから徹夜を補償するように昼寝。結局夕方のコロキウムには行けず、寝過ごしてしまった。
 2018.2.4(Sun) つくば 晴れ
今日は夜番の担当。夜番に入る前に、(下宿にはない)湯船に熱い湯を張りしばらくつかり、シャワーをしようと立ち上がったときに、眩暈がし10分ほど意識朦朧として起き上がれず本当に死ぬかと思った。
 2018.2.3(Sat) つくば 晴れ
午前から昼にかけて同期の測定の手伝い。空き時間で昨日書いたARPESの覚え書きを作ろうとしたら、ちょうど1年くらい前の自分も同じことを思ったらしく、途中まで書いたノートを発見した。経験がそこから1年アップデートされているので、上書き部分を書き加えた。また、博士課程が完全にリスタートになってしまうことを考え、どういう計画で過ごせば博士論文が仕上がるのか考えてみたところ、まずはこの2年間の反省をしてみようということになったので、具体的にどのように過ごしてきて、いつ何を思いついて今の自分があるのかをまとめてみた。これを参考にして、4月以降の生活をデザインできれば嬉しい。
 2018.2.2(Fri) つくば 雪のち晴れ
ビームタイム開始。用意してきた試料がどれもうまく行かず、もらっていた時間よりもずいぶん早く終わってしまった。今までこんなにうまくいかなかったことがなかったので、正直ショックだった。
仕方がないので留学生の同期にバトンタッチ。彼の綿密な実験フローチャートを横目に見て、実験に対する姿勢がとても勉強になる。実験中に考えることは1つでも減らしておくべきである、というのはこの2年散々学んだはずなのに、ぼくは一体何をしているんだろう、という気持ちになった。こういう要領の良さに経験の多寡は関係ないのだなと思った。今日は本当に反省の多い1日だ。
これを受けて、この2年学んだこと(特に教科書や論文に書いていない実際的な実験手法など)を、メモして自分用のテキストを作ってしまおうと思った。最低限それを見ればARPESの実験を自分で行えるようにしておかないと、スキルとして身についたと人に説得するのは難しいと思うので。3年後、次はこれで食うかもしれないし。
 2018.2.1(Thu) 東京 >> つくば 晴れ
午前中は家の片付けと出張の準備。大学に行って実験の準備をして、帰宅ラッシュでTXが混む前につくばに。夜はビームラインで実験の準備。うまくいくと嬉しい。

top page