NAKATA Suguru / 中田 勝

2018.January

 2018.1.31(Wed) 東京 晴れ
午前中はセミナーとミーティング。セミナーではMultiferroicsの話。何となく磁場と磁性には親しみがあるけれども、電場と誘電体にはあまり親しみがないのでそういう点で目新しい気がしてしまう。誘電分極もイジング模型のような統計力学的な取り扱いをして、ミクロな性質からマクロ物性が語れるのだろうか。
昼からは先輩がXRDを測定するというのを聞いて、修論審査で副査にアドバイスされたことを思い出し、Supplementalのために自分もXRD測定をおこなって意味のあるデータが取れるか検討していた。それからビームタイムのプラン設定を考え、論文書き。何となく体調が優れないので、御殿下に行くつもりだったけれどやめにして、帰宅。カードの上限額が一時的に解除されたので、家に帰って4/4にStuttgartに着くLufthansaの航空券を買った。
 2018.1.30(Tue) 東京 晴れ
朝起きて洗濯を回し、大学へ。大学では論文の続きを書く。サマチャレの同期で同じ班だった子の論文がNature communicationに出版されているのを見て嬉しい気持ちになった。
昼ごはんのあとは居室の人たちで与太話。それからは先輩と測定相談兼打ち合わせ。その後も論文を書き進めるために、pdfをepsに変換するソフトをダウンロードするなど。それからまた助教と留学生の同期とで与太話。同期の彼は博士のあとどうしようかと考えたりしているようだれど、ぼくも同じようなことを最近はよく考えるし、だいたいみんな同じようなことを思うのだなと思った。学部のときの研究室と違って、今の研究室ではこの2年間ほとんど無駄話をすることがなかったのだれど、たまにはこういう時間があっても良いのかもしれないと思った。まぁみんなで仲良く毎日ランチタイムを過ごせば良いのだと思うのだが。ただ会話の中で得られる共感だとかが、科学をやる楽しさなのかな、とも思い、昨日のネガティブな落ち込みから少し脱却できた(ような気がする)。与太話が長々と過ぎてしまい、気がついたら夕方に。あまり何も進まなかったけれど、まぁこんな日もあるだろうと思って、帰宅。
 2018.1.29(Mon) 東京 晴れ
大学に行って週末からのビームタイムの準備を進める。ひと段落した後は、論文書きを進める(と言っても、今のところ体裁の整え方を勉強しているだけだが)。\nociteを\noticeと見間違えて30分ほど無駄にした。それから解析の続きを少し進めるがあまりうまくいかない。何かが間違っているのだろうか。明日また検証してみようと思う。夕方からは御殿下で30分ほどトレーニングし、帰宅。ジムのテレビで流れていたバラエティ番組で激辛料理を食べる挑戦をしていたのを見たせいか、辛いものが無性に食べたくなり家に帰ってキムチ鍋にした。
と、今日も色々と進めたように書いたのだが、実は昼間は精神的に参っていてあまり作業にならなかった。思い当たる節は幾つかあるのだが、一つずつ言語化して整理してみたいと思う。
修論を書いていた頃から「科学とは何か?」という問いを自分の中で問う時間が増えた。現時点でのぼくの定義はこうだ。「自然現象の説明を行うため、本質的に反証可能性を有する仮説を立て、その仮説を反証から守る証拠を提示し続ける一連の営み。あるいはなんらかの証拠によって反証された仮説の修正を行い、その反証から耐えるような新たな仮説を考え創造する作業」。物理の分野では仮説を「理論」、証拠を「実験」と読み替えると親しみが持てるかもしれない。
小さな頃から数学・科学が好きになった理由の一つに「答えが一つしかない」というのがある。確かに理科の教科書に書いていることを学ぶ段階では、そこに書いてある法則がこの世界だ。運動方程式を疑う余地はないし、磁気モノポールも存在しない。それを仮定として与えれば、考えている問題は常に論理的にある一つの回答を演繹できる。そのせいかぼくは「この世にはあるべき物理法則の「答え」というものがあって、我々はそれを模索している。それが科学(の定義)なのだ。」と(大きな)勘違いしていた。反証された仮説もアップデートすれば、「答え」に近づくと信じていた。しかし実際の科学研究で示される命題はそうではない。最初にも書いたように、反証可能性を有する仮説を反証から耐えていること(正当性、妥当性)を示す、あるいはうまくいった反証に対して仮説をアップデートし続ける作業だ。つまり、絶対的に普遍なゴールなど最初から存在しない。
自らの勘違いとはいえ、今まで自分が信じてきたものが、実はそうでないとわかったときの感情的なショックはかなり大きく、そのせいで最近は少し精神的に参っているのかもしれない。そして何よりこの再定義によって、科学が本当に自分のやりたいことなのかどうかという疑問に立ち返ることになる。(これは予想だが)自分はなんらかの(不変的で、かつ、自分の人生程度の時間スケールの)ゴールを仕事に求めている気がする。(自分が死んだ後も)常に反証可能性に脅かされた仮説を提唱することに心血を注げるかというと、正直に言ってかなり微妙だ。そうすると科学研究を行うことはあまり天職と思えない。
最近、原理解明よりも応用開発に興味の芽が育ちつつあるのは(昔と違って社会実装に興味が出てきたのも一因だと思うが)、この科学に対する自分自身の再定義から来ている気がする。つまり、ゴールがあってそれを達成すればそれが揺らぐことはないという安心感だ。逆に科学を楽しむということは、ある種この安心感がない不安感を議論しながら楽しむことと言えるかもしれない。また、唯一の正しさを求めるという精神性を体現するのは数学だと思うのだが、自分の頭では数学をするほうが余計に難しそうだということは学部時代に学んだのでこの道に進もうとはあまり思わない。
最近何人かの人とこの話題について話をしているが、自分では思いつかなかったような考えを教えてくれる人もいる。今後もいろんな人とコミュニケーションを取りながら、博士課程の間に自分の人生をどうすべきか今一度じっくりと考えたいと思う。
 2018.1.28(Sun) 東京 晴れ
昼前に先輩の家を出て錦糸町の牡蠣出汁のラーメンを食べに。江東区の方にはあまり来たことがなかったので、錦糸町から総武線沿いに秋葉原まで歩いてみた。家に帰ってからは昼寝をしたり、ダラダラと過ごした。結局週末は研究の方は進まなかったので、明日から切り替えてまた頑張ろうと思う。
 2018.1.27(Sat) 東京 晴れ
午前中から昼間にかけて、引っ越し準備の調べ物を進め色々と手続きを済ませる。昼は相当久しぶりにマクドナルドへ。それから日用品の買い物を済ませて、家で掃除などをしていると結局夕方に。夕方から大塚でバドミントン、そのあとは新年会兼メンバーの送迎会。そのまま流れで清澄白河に住んでいる先輩の家でだべっていた。
 2018.1.26(Fri) 東京 晴れ
今日もとても寒い。夜に濡れた洗濯物を干すと凍りそうなので、朝に洗濯を回して干して大学に。修論に対して指導教官から受けたチエックをリスト化し、今後の論文書きに活かせるように記録しておいた。それも踏まえて本当の最終調整を済ませて、印刷しファイルに綴じる。いよいよ修士2年のテーマが終わったのだな、と実感した。ひと段落したということで、今日は同期と赤門前のインドカレー屋に。
昼からは指導教官に印刷した修論を提出して、投稿論文を書き始めても良いか確認をとった。それから投稿論文用のテンプレをDLして書き方を勉強していた。それから突然htmlで作っていた論文管理ツールをアップデートしたい気持ちになって、javascriptの勉強を少しするなど。惜しいところまではいったのだが、完成には至らなかった。今日するつもりだったことができなかったので、明日も大学に行こう。それから閉まるギリギリに御殿下に行き、30分ほどトレーニング。少しずつ身体が引き締まってきた気がする。
今日は外食したい気分だったので、夜は久しぶりに蟻やに。ここは2年前に引っ越して来てから、月に1回くらいずっと来ている。おしぼりを持ってきてくれた奥さんが「お寒うございますねぇ」と声をかけてくれるくらいには常連(?)になってきたので、あと2ヶ月ほどで引っ越してしまうのが惜しまれる。となりの外国人ファミリーが話す言葉からドイツ語の人称代名詞と数字が聞こえた気がして気になったので、目のあったときに声をかけてみるとビンゴだった。休暇中の旅行で、カールスルーエから来ていたらしい。それがきっかけで蟻やの奥さんとも話が弾み、仲良くなれてうれしかった。気分の良い週末。
 2018.1.25(Thu) 東京 晴れ
大雪の日から毎日寒くてたまらない。午前中は修論の内容について細かい調べ物をし、指導教官と相談。午後からは指導教官に考えてくれと言われていた論文(の日本語版の解説が物理学会誌にあったのでそれ)を読んで、自分の結果との比較を考察した。夕方は同期のMERIT生がカレンダーに書いていた特別講義が面白そうだったので、もぐりでそれに出てみた。講師の方は修士まで東大物理で物性をやっていて、PhDからアメリカUCLAに行き、今は弁理士をされている人で、(M2現在としては)正直MERIT生よりも自分の方が境遇が近いと思った。特許の限界と(大型(元)ベンチャーの)ビジネスモデルとの関係についての話が面白かった。大学と特許関係の話で言えば、落合陽一先生が言っていたことと重複しているように感じた。こういう講演、外で聞いたら結構良いお金とられそうだけれども、こっそり出ても何も言われない大学の雰囲気がぼくは好きだ。博士の後のキャリアパスについても最近はよく考えるが、こういう道もあるのだなぁと、将来を考えるに当たっても面白い2時間だった。
夕方は修論の最終調整。しょうもないtypoがたくさん出てきて困る。最初から最後まで通しで見て、図や引用の関係も全てチェックし、一応校正完了。明日の朝印刷して提出しよう。
 2018.1.24(Wed) 東京 晴れ
午前中は大学に行って、進捗報告のまとめと次回測定の検討。昼からはセミナー&ミーティング。夕方からは修論の修正をし、コメントに対する疑問点を指導教官に送り、帰宅。夜は巣鴨で文勤の人たちと飲んでいた。
 2018.1.23(Tue) 東京 晴れ
Rikugien 朝は早起きして家で昨日の夜調べて勉強した内容を修論に反映させる。それから家を出て、六義園まで歩いた。昨日の大雪で雪化粧された庭園はさぞ美しかろうと思って開園10分前くらいに六義園に着き、30分ほど散歩。池の水は凍りついており、新雪の上に手入れされた木々が美しかった。雪が溶ける前に行ってしまおうと朝一で行ったものの、雪かきが済んでおらず通行止が多く、半分も回れなかったのが少し残念だった。ともあれ、一度行ってみたいと思いつつずっと行けずにいたので、引越し前に行けてよかった。
それから南北線に乗って大学に。朝の南北線は凄まじいと聞いていたが、人口密度がすごかった。この通勤ラッシュにあうようなところに住んでいたら1ヶ月で東京を嫌いになっていた自信がある。大学では修論を修正するための調べ物。ひと段落したところで同期と昼食。昼からも勉強したり図を作ったり修論の修正を続け、夕方頃に全て片付いたので、訂正版の修論を指導教官に送信。それから御殿下で30分ほどトレーニング。講習会の日で人が多かった。それから修論審査でバタバタしていて片付けられていなかったMPIの事務手続きを済ませ、帰宅。歩いて帰るつもりだったが、偶然停留所の前を通りかかったときにバスが来たので乗ってみた。2年弱東京にいたが、都バスは初めて乗った。京都の市バスと違って前から乗って後ろから降りるのが目新しかった。
 2018.1.22(Mon) 東京 雪
昼か夕方から雪だというから、自転車で行って帰りは電車で帰ろうか、などと考えて家を出たらすでに小さな雪粒が降っているではないか。仕方なく千代田線で大学に。大学では学会の予稿を修正し提出。それから修論の図の直しなど書き直しを進め、昼間は同期と二食で昼食。発表会の前に途中まで読んで返した本が図書館に届いていたのでそれを取りに行く。昼からも修論の修正を進めるが、雪が強くなってきたので15時ごろ帰宅。
珍しく平日の昼間に家にいるので、下宿を借りている会社やインターネットの会社に電話して、解約の手続きの確認をした。本当は解約手続きまで済ましてしまいたかったのだが、3月解約にはちと早すぎたようだった。
家に帰って修論の修正を色々やろうと思っていたはずだったが、そううまくはいかず結局ダラダラと(ツーブロックの部分を久しぶりに自分でバリカンで刈り上げるなどして)過ごしてしまい、夕食風呂をすませると良い時間に。修論の解析につけたエラーバーについて議論するため、ビールを飲みながら少し統計の勉強。あまり理解していなかったのだが、割と自分のやっていたことは真っ当だったということがわかった。
 2018.1.21(Sun) 東京 晴れ
今日は朝から北池袋でバドミントン。昼間は池袋でラーメンを食べて、午後は巣鴨でバドミントン。久しぶりにバドミントン漬けの1日で身体に溜まっていた膿が取れた気がした。明日から雪が降るかもしれないというから、少し多めに食材を買い込んで、夜は鉄板焼き。
 2018.1.20(Sat) 東京 晴れ
午前中実家からギフトのハンバーグが届き、それを湯煎してブランチ。昼から柴又、帝釈天へ行き食べ歩き。(道中あまり何もなかったが)亀有まで歩いて、偶然見つけたABCマートでスニーカーを買った。出発前に新しいスニーカーが欲しいと思っていたので、ちょうどよかった。家に帰って渡航準備の調べ物を進めた。
 2018.1.19(Fri) 東京 晴れ
大学に行って昨日の解析の続きをして、人に見せれるようにパワーポイントにまとめた。それから修論の図を直して、学会の予稿の原稿を書き、指導教官に送信。なんとなく面白ろそうだったので、夕方は教室コロキウム「科学と軍事研究」に参加してきた。講演を聞いているとまたしても科学に想いを馳せてしまい、(講演とは直接関係はなかったのだが)「反証可能性」という概念に到達し、その概念をすこしググって勉強した。
igorのfuncfitがどのようにエラーバーをつけているのかを勉強しようとしたが少し難しくて消化不良に終わった。それから数ヶ月ぶりに御殿下に行き、トレーニング再開。やっぱり身体を動かすのは気持ちいい。卒業するまであと2ヶ月程度有効に利用して、修論執筆で太った身体を引き締めたい。
 2018.1.18(Thu) 東京 晴れ
yuki 昼からセミナー&ミーティング。11系鉄系超伝導体の磁性の次元性を中性子散乱調べた研究。ミーティング中は指導教官に渡された論文の解説が去年の物理学会誌に載っているのを同期が見つけてくれ、それを読んでいた。それから修論の書き直し事項をまとめ、来週頭締め切りの学会の予稿を書いた。
夕方からは諦めかけていた解析の続きをしてみた。結果はともかく、明日にもまとめて指導教官に送ってしまおうと思う。また解析の記録を取り忘れてしまっていることに帰り道に気がついたので、明日の朝にもきちんと記録をつけておこう。
修論発表も終わったのでモノ作りがしてみたい気分が復活し、XcodeとSwiftで少し遊んでみた。ボタンを押すと「タップされました」と表示されるだけのアプリを(チュートリアルを見ながら)作ってみた。こんな簡単なものでも、実際にiOSエミュレータで動いているのを見るのは楽しい。自分は一体、研究と開発のどちらかが好きなのか(あるいは向いているのか)最近よく考えるが、実際にやってみるのが一番手っ取り早いと思うので、博士課程の間に(研究とは別に)何かオリジナル作品を世に作り出せるようになってみたい。
 2018.1.17(Wed) 東京 晴れのち雨
朝は寝坊が恐ろしかったので、6時前に起きたが二度寝はやめて、プレゼンのコツ動画をYouTubeで見るなどしていた。家で最後の通し練習を1回終わらせ、大学に行き準備を済ませ定刻10時から修論審査。発表者紹介のときに主査(指導教官)がぼくの下の名前を間違ってくれて、場が和み緊張が解けた。想定された質問がほとんどで、基本的には穏やかに終わった(と、思っている)。無事合格でき、ほっとした。
昼からは休みということにして研究室を出て、新宿に行きスターウォーズ8を見に行った。スターウォーズを映画館で見るのは初めてだったが、映画館は音楽に迫力があって良い。それから夜は本郷三丁目に戻り、同期のみんなで修論お疲れ飲み会。
 2018.1.16(Tue) 東京 晴れ
午前中から質問の対策と昨日副査の先生に指摘していただいた点を修正し、発表の資料に組み込んだ。昼からは物性研の野口くんの発表を聞きに行った。SARPESとnano-ARPESの話で面白かった。それから夕方まで発表の修正と調べ物を続け、キリの良い所で帰宅。家で最後の発表練習。時計ノールックでおよそ40分だった。早めに寝て、明日の朝の発表に備える。
 2018.1.15(Mon) 東京 晴れ
午前中から修論発表会のために重箱の隅をつついては埋める作業を続けた。昼休みに教務に行き、学位記の記載事項の確認をしてきた。入学したときなんの間違いか知らないが、名前を間違えて学生証を作られてしまったので、このプロセスはきっと大切。和暦で良いと言ってしまったがアンチ和暦の自分としては西暦に変えてもらうべきだったと少し後悔している。
昼から同期に教えてもらった、五神研の修論発表を聞きに行ってみた。T-ARPESの装置開発と半導体を測定した話。非占有側に叩き上げられた電子がさらに叩き上げられてバンド構造が見える二回光電子分光?という現象を初めて知った。彼らの使っている光のエネルギーであれば、注目しているエネルギー範囲で普通の光電子分光と二回〜がちょうど両方良い感じに見えるのだろう。ぼくが普段使うエネルギーとあまりにも違うので、そんなことは気に掛けたこともなかった。
それから副査の先生に修論を取りに来てもらい、それの解説。今日は1時間くらい話していた。それからやよい軒で修論発表の終わった人とすき焼き定食をいただいて、帰宅。帰ってから一回通しで練習した。
 2018.1.14(Sun) 東京 晴れ
朝早起きしたらバドミントンに行こうと思っていたのだが二度寝してしまい、気がついたら昼。怠惰な気分から抜け出せず、やらなきゃならないことはたくさんあるのだけれど、フェルミ準位付近でのDOSの落ち込みに関してこの間小林先生に教えてもらったフェルミ液体論を学ぶために、指導教官が20年前に書いたレヴューを読んでいた。思いがけず銅酸化物についてイントロから学ぶことも多かったのだけれど、銅酸化物の研究ってCDWを除くと20年前からあまり本質的な進展は少ないのかな、と感じてしまった。肝心のフェルミ液体のところは難しくてあまり読み進められなかった。
ところで、フェルミ液体論的に相互作用のない場合の単一の粒子が相互作用を受ける系で相互作用の衣をまとった単一の粒子としてみなす場合の準粒子(電子相関のある系での電子など)と、系の集団励起としての準粒子(フォノンなど)が同じ「準粒子」という言葉で表されるのはどうなのか、と最近思ってしまう。これらを同じ「準粒子」という名前をつけるのにはもっと奥深い物理的な構造があるのだろうか。後者はともかく前者はかなり標語的な理解しかしていないので、何かあるのかもしれない。夜は久しぶりに映画を見た。メメント。
 2018.1.13(Sat) 東京 晴れ
午前中はバイト先に行き在宅勤務の仕事の提出。それから研究室に行き、X線回折と電荷秩序について勉強。内田先生の固体物理に書いてある記述を読み直したが、大変分かりやすかった。発表で現象論的な立場から擬ギャップを解説していたことに対して、擬ギャップ状態でどうしてDOSが落ちるのかという考えを(自分なりの考えでもいいから)主張したほうがよいと小林先生に言われたが、並進対称性を破らない場合これはよくわからない。
それから修論発表スライドを修正し、発表練習をし、帰宅。今日はセンター試験だったようで、構内はいつもより厳かな感じがした。
 2018.1.12(Fri) 東京 晴れ
今日は昨日指摘されて発表までに準備することを洗い出して、おとなしく1日中勉強していた。特に自発的対称性の破れと相転移について色々と勉強した。BCS超伝導ではゲージ対称性が破れて(マクロな超伝導体全体で波動関数の位相がそろって)、常伝導から超伝導に相転移するというけれど、これから超伝導ギャップが導かれるのがよくわからなかった。時間を見つけてもう一回ティンカム読み直すかな。
 2018.1.11(Thu) 東京 晴れ
朝は副査の先生に出す用の修論を印刷し、(同期の修論発表会に行けなかったのが残念だったが)リハーサルの準備を進める。昼から修論発表会のリハーサル。セリフは作れていないわ、準備不足だわでかなり中途半端な発表になってしまった。ぼくが理解していないところ、曖昧なところ、論理に飛躍のあるところをことごとく具体的に指摘してもらえたので、これから直すべき点、理解すべき点が浮き彫りになった。小林先生からもたくさんアドバイスをもらえて、とても参考になった。と、頭ではポジティブに捉えているのだけれども、想像していたよりもかなり突っ込まれ(て、結構答えられなかっ)たので、ちょっと自信を失ってしまい気持ちがまいってしまった。全てを理解するのは難しいので、ブラックボックスを許容している節があるのだが、最近この理解の仕方の度が過ぎてしまっていたのかもしれないと感じた。理解の落としどころの勘というか。
夕方は副査の先生に修論を提出しに行った。「自分の非を認めるのが苦手なのでは?」という親友のコメントを思い出しつつ、自分一人では見えてこなかった修正点を中心に、言い訳せずに至らぬ点を認めて明日からの1週間で修正し切ろうと思う。
 2018.1.10(Wed) つくば >> 東京 晴れ
午前中はバイトをしながら今日も修論の修正。スパースモデリングの話だけ面白そうなので聞いていた。午前後半からは表面のセッションにいたけれども、そちらでも修論の修正をしながら話を聞いていた。昼食を食べた後はポスター会場へ。機械学習を利用したXMCD測定の効率化とベイズ推定の話を聞いた。
午後からは発表スライドの準備をし、最後のセッションで発表。準備不足の割にはうまくできた気がするし、座長を困らせることなく質問もたくさん来たのでよかった。その後はまた修論の修正をして、同期とつくば駅でご飯を食べ、帰宅。帰宅後修論の修正を終わらせたので、これでなんとか明日提出できる。
 2018.1.9(Tue) つくば 晴れ
今日も午前中はバイトだったのだが、寝坊してしまい同期の電話で起きた。なんとか全力疾走で走って間に合った。午前中は今日も会場係の バイトで、暇なときは修論の修正を進めた。
午後からはしばらく研究室メンバーと談笑しつつ、企画講演に向かう。有馬先生の講演が気になっていたのだが、話が分かりやすくとても面白かった。 夜はバンケットに参加し、ドミトリーに戻る。
 2018.1.8(Mon) つくば 晴れ
朝早く目覚め、シャワーを済ませ持ってきた食パンを焼いて朝ごはん。そのあとはスライドの修正をして、会場に向かう。午前中は会場でマイク係のアルバイト。たまたまインフォマティクスの話で興味はあったのだが、修論の修正を優先していた。
弁当をもらって、午後からXFELの講演を聞き、シャツを忘れたのでつくば駅から往復30分ほどかけてUNIQLOまで買い物に行った。暇だったので東京一極集中のウィキペディアを読んでいたのだけれど、なかなかすごいことになっていることを理解した。非中央集権国家のドイツとどう違うのか来年からそういう観点で興味を持ちながら生活してみたい。
部屋に戻ってからはスライドを修正して、練習し、持ってきた夕食を自炊して、就寝。
 2018.1.7(Sun) 東京 >> つくば 晴れ
朝からバドミントンの団体戦に出るため、竜岡門の近くの文京総合体育館に。いつもと違うメンバーであまり馴染めず、情けないことに全て負けてしまった。文勤に入ってもうすぐ2年になるが、「ついこの間自己紹介しあって、22歳?!とか聞いてたよね〜。」みたいな思い出話に始まり、2年間あっという間だったね〜という話に先輩となった。確かに月日の流れの早いことだ、と思った。あと何回クラブに参加できるか考えてみたが、もう指折り数えるほどだろう。昨日からこの2年間お世話になった人たちに立て続けに会っていまかなりエモい。
試合は午前中で終わったので、先輩と本郷三丁目のインドカレー屋で昼食をとり、研究室へ。そちらでは変わらずスライド作成。夕方で切り上げて、明日からの放射光学会に出るために、つくばへ前入り。成人式の会場と離れていると良いのだが、、、
 2018.1.6(Sat)* 東京 晴れ
疲れが出てしまったのか、昼過ぎまで寝てしまった。大学に行こうかと思っていたが、遅くなってしまったので家で夕方までスライド作りをしていた。夕方からはMPIから帰ってきている友人と会っていた。向こうでの生活や研究の話が聞けて楽しかった。
それから福助の新年会に2次会から参加。こちらもいろんな人がいて面白い。人と話すと様々な視点から自分の考えを見つめ直すことができるので、今日はとても楽しい1日だった。
 2018.1.5(Fri) 東京 晴れ
午前中は同期のリハーサル。彼は中国からの留学生なのだが、日本語がとても流暢。修論発表は英語だろうと思っていたのだがこれも日本語で正直驚いた。それから同期の修論発表まではなんとなくこっちも気分が落ち着かず、明日やろうと思っていたスライドを作ったりしていた。夕方は同期の修論発表を聞きに行った。修論発表の公開審査に出るのは初めてだったが、博士のそれと雰囲気は似ていた。彼も無事合格して、めでたい。
それから実家に医療費のレシートを送ったり、図書館に本を返したりと少し休憩。それから本腰を入れて修論の修正。指導教官からフィードバックの返ってきたところは全て修正し、送信。今週は2日しか大学に来ていないのになんだかとっても疲れてしまった。
 2018.1.4(Thu) 東京 晴れ
午前中は図の修正をして、博士の先輩の博士論文審査会を聞きに行った。今年も無事合格され、めでたい。それから昼休みにまた図の修正について考え、昼からは同期の修論審査会のリハーサル。ミーティングまでに時間があったので、修正で指摘されてよくわからなかった部分について指導教官と相談。それから(お正月明けでものすごく短い)ミーティング。
重なった球面調和関数の絵が欲しかったのだが、気に入った図がなかなか見つからず自分で作ってしまうのが手っ取り早いと思いPov-rayで作った。最近立体図形の表面を球の中心として表現するのにハマっている。少し球面調和関数の復習にもなって、本文中に誤った箇所を見つけたのでよかった。それからも他の図の修正。夜は瀬佐味亭に行き、年末にやっていた新しい解析を加えて原稿を書き加えた。学会と修論発表のスライド作りも遅れているし、明日中には修正しきって指導教官に送りなおそう。
 2018.1.3(Wed) 東京 晴れ
なんとなく正月気分が抜けず、昼から作業を家で進める。ひたすら修論の修正をしていた。やらねばならないことをリストアップしてみると意外とやることが多いことがわかり、誘われていた新年会を断ってしまった。
 2018.1.2(Tue)* 東京 晴れ
昨日歩いた疲れからか、昼前まで寝てしまった。大学に行こうかと思っていたが、研究室に行くもやる気が出ずにダラダラしてしまう初夢を見てしまったので家で作業をすることにした。昨日の夜から続々と指導教官からフィードバックが帰ってきたので、修論の修正を進めた。夕方からは京大の友人が帰省で関東に帰ってきていたので一緒に近所で気になっていた居酒屋の二鷹に行ってきた。
 2018.1.1(Mon)* 東京 晴れ
朝は白味噌のお雑煮を頂く。実家に帰らない親不孝息子にも両親から連絡があり、祖母と少し電話で新年のあいさつ。退院後は元気にやっているようなので、3月には姿を見せに帰りたいと思う。
それから代々木八幡宮へ向かうべく、代々木八幡へ。しかして着いてみると長蛇の列は2時間待ちで、寒いし遅くなってしまうしで諦めてしまった。それから「君の名は。」の須賀神社に向かおうとするも、徒歩で新宿に向かったために参拝時間に間に合わないことが判明し、だめもとで明治神宮へ。すると意外と人の少ない入口からスムーズに参拝することができた。今年は本厄だが、無事に祓ってもらえただろうか。
夜は銀座ライオンで夕食。福助のみつこさんから久しぶりに連絡があった。もう福助も今は良い思い出になってしまったな。今年は2年前以上にガラッと環境の変わる年になると思うけれども、年男らしく頑張っていきたいと思う。

top page