NAKATA Suguru / 中田 勝

HOME DIARY Movie

2016.September

 2016.9.30(Fri) 東京 晴れ
午前中はgapの解析。昼休みは留学生たちと少しおしゃべり。中国語には「燚」という字があるらしいが、彼らも読み方は知らないらしい。
午後からは基本に立ち返って色々勉強していた。自分の物質と似た物質をARPESで解析した実験の解説を読んで知らなかった解析手法を学んだ。それから今までなんとなくわかったふりをしていたSTSの解説を丁寧に読み、微分コンダクタンスが状態密度になることを理解した。μSRも少し読んだけれどよくわからなかった。あとは新奇超伝導のレビューを読むなど。
 2016.9.29(Thu) 東京 晴れ
午前は講義に出ていた。光と物質の話をするみたいだししばらく聞いてみようと思う。お昼休みは東大の交換留学説明会でダラム大学の方が来ていたので軽い気持ちで聞きに行ってみた。聞きに来ていた学生は自分を含めて4人だった。せっかく聞きやすい英語で話していてくれていたので、もう少しinteractiveにコミュニケーションをとればよかった。ダラム大学って初めて聞いたけれど、イギリスの中ではオックスフォード、ケンブリッジに次ぐNo.3の大学らしい。
午後からは解析の続き。準粒子の寿命を調べてみた。解釈はこれからだな。昼過ぎから体調が悪くなってきたので、夕方には帰宅。まだ少し気持ち悪い。明日はgapの解析をする。
 2016.9.28(Wed) 東京 晴れ時々小雨
研究室に着いてメールを確認すると出張費振込のメールが来ていた。これで少し心にゆとりができる。昼からは計算物理学の授業に出たが、待てど暮らせど教官が来ず休講になった。昼間は雑用を淡々とこなし、夕方に実験道具の見積もりを工作室に出してきた。
夕方から夜にかけては解析の続き。とりあえず先行研究を参考に対称化したEDCを量産。明日以降gapと準粒子の寿命を調べにかかる。今週中になんか面白いこと見つかんないかなー。
 2016.9.27(Tue) 東京 晴れ
今日は久しぶりのセミナー&ミーティングだった。夏休みにやっていたことをまとめて、しかもそれを英語で発表することを想定すると準備にかなり時間がかかってしまった。セミナーは英語の発表&質問になったおかげか、簡単なことも質問しやすい雰囲気になっているような気がした。ただやはり自分が話すとなるとなかなかスムーズにいかないし、いい加減英会話への苦手意識をどうにかしたい。日記を英語でつけたりしたらいいかな?話すのとはまた違うか?ま、完璧を目指して怯まずに失敗を覚悟してどんどん自分から話すべきなんだろう。
あとは実験準備について先輩と若干ディスカッションしたり、日本物理学会に入会申請するなど。
 2016.9.26(Mon) 東京 晴れ
今日から後期授業が始まった。指導教官の授業を(TAなので履修ではないが)受けていた。一応既知の内容なので授業中暇にならないよう、日本語の板書を英語に焼きなおしながら板書をとった。
午後からは少し雑用をして、それからは今季の測定に向けBSCCOのお勉強。ARPES以外の論文もすらすらと読めるようになりたい。また群論の話が気になったので積ん読材料を見つけておいた。
勉強をしている最中に、以前測定したサンプルのpeseudo gapを調べてみたらどうだろうかと思って、また新たに解析を始めた。
 2016.9.25(Sun) 東京 晴れ
久々に晴れてくれて溜まっていた洗濯物がよく乾いてうれしかった。
昼間はバドミントン。今月は想像以上にお金を使ってしまったので、あと5日くらい生活していくのがしんどい。明日からTAができるのが本当にありがたい。
 2016.9.24(Sat) 東京 雨のち曇り
今日は最近何かと話題の「君の名は。」を見に新宿バルト9へ。シンゴジラのときもそうだったけれど、相変わらずシアターは超満員だ。
差し障りのないネタバレだと思うから書くけれど、本編に新宿駅や新宿バルト9が出てきて、劇場にいながらにして聖地巡礼をするという極めて稀有な体験をした。
 2016.9.23(Fri) 東京 曇り時々雨
昨日から続いていた用事に一旦ケリをつける。 解析はだいたい目処がついたので、前回の測定で出てきたよくわからない謎のMDCと先行研究を眺めながらぼんやりといろいろ考えていた。あとはPbをドープしたBSCCOについて少し勉強するなど。
来週から講義がまた始まる。留学生と一緒にシラバスを見ていたら、気づいていなかった面白そうな講義(第一原理計算など)を見つけたので、もともと取ろうと思っていた授業はやめにして、それを取ろうと思う。
 2016.9.22(Thu/秋分の日) 東京 雨のち曇り
いい加減カラッと晴れた日が来ないと気が滅入る。秋雨前線さん早く休んで下さい。
今日は京大の後輩が東大の大学院に合格してこちらに用があったらしく、一緒に昼ご飯を食べた。こちらの生活や家探しのことなどいろいろと相談に乗っていた。
そのあと研究室に戻ってメールを確認すると先生から急ぎの仕事を振られていることに気がついた。それを片付けていろいろと今日やろうと思っていた用事をしているといつの間にか日が暮れていた。すっかり平日のような充実感を感じる1日になってしまった。
 2016.9.21(Wed) 東京 曇り
久々に雨がやんだので溜まっていた洗濯物を片付けた。
午前は先生と解析結果についてディスカッション。それを参考に午後にまた解析し、夕方に先生と再び議論。後期の測定の方針が固まった。
 2016.9.20(Tue) 東京 雨(台風?)
久しぶりに研究室のメンバーに会った。学会の話を色々聞いた。春は出たいなぁ。豊中付近のホテルを探さないと。
留学生がとうとう研究室にやってきた。ぼくの隣の席になりそう。明るくて良い人そうだった。
昼は先輩と次の測定についてディスカッション。自分の考えていた方針で良さそう。明日先生に相談してみよう。そのあとは解析マクロのマイナーチェンジ。次の測定からはずいぶんと解析が楽になりそうだ。
 2016.9.19(Mon/敬老の日) 東京 雨
ローマの休日を見た東京の休日。カヌレというお菓子を初めて食べた。
 2016.9.18(Sun) 東京 曇り時々雨
近所の長谷川研の教授、長谷川修司先生の本、『研究者としてうまくやっていくには』(講談社)を読み終わった。火曜に買った新書とはこれのこと。
著者の長年の経験をベースにアカデミックの世界で生きて行く「コツ」みたいなものが書いてある。最近実感し始めていたなんとも形容し難い「勉強」と「研究」の違いが、分かりやすい言葉で語られており、ぼくにとってはこの辺りから学ぶことが多かった。今の自分よりも上のフェイズにある人が読んで参考になるかどうかは自分には判断がつかないが、大学院生編より前に関してはいつ読んでも将来を考えるにあたって非常に参考になる良書だと思う(著者と同じ(物性)物理(実験)を自分が専攻しているから、読みやすかったのかもしれないが)。
 2016.9.17(Sat) 東京 曇り
久々に髪切ったりいろいろ。
 2016.9.16(Fri) 東京 曇り
昨日コンパイルが通らなかった原因が至極どうしようもない理由で悲しくなった。ま、こういう失敗も次のステップに進むために大事なんだろうと直感的には思う。
研究室にひとりで居ると、秘書さんから差し入れにお菓子を頂いた。人の優しさはお金(だけ)ではないんだなぁと改めて感じた次第である。
 2016.9.15(Thu) 東京 曇り
主に文献漁り。いろいろ読んでいると、最近思いついた解釈が間違っているような気がしてきた。それを調べるためにシミュレーションしようとしたのにうまくコンパイルが通ってくれない。むぅ。
それにしても今自分が扱ってる物質は最初にARPESで測定するにしては、難しい要素満載すぎる。ようやく先行研究が理解でき始めてきた気がする。
 2016.9.14(Wed) 東京 曇り
絶賛スランプ中。小学生のときひとりひとりがアサガオを育てる授業で、ぼくのアサガオだけ最後まで咲かなかったことを思い出した。
 2016.9.13(Tue) 東京 雨
Dyson方程式を少しだけ勉強した。欲しい本があったので生協の本屋に行き、少し立ち読みをしていると興味深い新書を発見。珍しく衝動買いするなど。
秘密のページを作ったが誰も気づくまい。フハハ。
 2016.9.12(Mon) 東京 晴れ
今日から日本物理学会。がしかし、ぼくは留守番なので今日から1週間研究室にひとりぼっち。
解析が思うように進まないので、また文献読みにシフトすることになりそう。先日のMatrix Elementの話はどうも自己エネルギーやDyson方程式をもっと理解する必要がありそうな気がしてきた。場の理論とか読まなきゃダメなのかな??
今週ぼくが留守番してる間に、後期から入学する留学生がやってくるらしい。英語が堪能な中国人らしいので、これを機会に英会話能力が向上できれば嬉しい。
 2016.9.11(Sun) 東京 晴れ
今日は家でぐうたら。久しぶりに自炊をしたらなかなかおいしいものができて満足。鶏のトマト煮。一昨日の日記の文字数が多すぎるので今日はこれだけ。
 2016.9.10(Sat) 東京 晴れ
木曜日に休んだ分、今日も研究室に行った。解析をしたり文献を読んだり。解析に進展はあまりないが、文献を読んでいてまた良さそうな解釈を思い浮かんだ。来期のビームタイムも確定したので、いい加減次の測定への方針を固めねばならない。同期の学会発表リハーサルを初めて聞いた。良い発表だったと思うので頑張ってきて欲しい。
夜はバドミントン。今日は強い人たちばっかりが相手になりとことん負けてしまった。ここ一番で踏ん張れる体力が欲しい。と思う反面で、バドミントンを始めたころ、ぼくは運動神経が悪いので、体力を試合中に使い切るということがなかったのだが、最近は(体力が落ちたのもあるだろうけど)試合で体力を使い切ることが多く、少しは上達したんだなぁと嬉しく思うことが多い(負けて喜んでいてはいけないが)。10月にまた試合に出ることになったので組んでくださるペアの方のためにも頑張ろう。
 2016.9.9(Fri) 東京 晴れ
午前はBSCCOについて何か参考にできる文献はないか探していた。昨日考えていたMatrix Elementについてぼくと同じように考えている記述を見つけたが、数式で表現するまでは至っていなかった(と、思う)。

午後、Igorのexpをsaveしようとすると突然PCがクラッシュしてしまい本当に参った。画面が暗転し、レインボーの砂時計マークだけが煌々と光る謎の状態。数分後にログイン画面が出てきてくれてログインできたので大事には至らなかったが、さすがにこれであと数年作業をするのは絶望的なので重い腰を上げてパソコンの勉強をし、原因を特定することにした。
ぼくはなんでもかんでも知識を頭に入れて理解したいと思う方ではなく、「知らなくて使えるならブラックボックスでいいじゃないか、興味が出たら調べればいい」というスタンスなので、 パソコンの仕組みについても自分のパソコンを買うときに、パソコンの値段を決めている要素(HDDとかSSDとかメモリとかetc...)を少し(お気軽に)勉強し、購入の参考に一時的に知識を仕入れた程度で、なにがパソコンの動作を速くしているかなどは完全に忘れ去っていた。
パソコンに詳しい先輩が色々教えてくださったので、とりあえずハードディスクの「S.M.A.R.T. 情報」(もちろんぼくは初耳)というのを調べることにした。これは(たぶん)ハードディスクの物理的な状態などを記述しているもので、異常があるかどうかを数値的に調べることができる。色々調べた結果「S.M.A.R.T. Monitoring Tools」というフリーソフトを使うことにした。GUIはなくCUIのみだが、そもそも重くなっているぼくのMacで使うにはCUIの方が良いだろう。これを使ってS.M.A.R.T.情報を調べたが、HDDについては異常なし、問題点は違うところにあるようだった。

helper そこで次はアクティビティモニタを使ってCPU、メモリなどについて調べた。CPUは問題なかったのだが、どうもメモリに問題がありそうだということが分かった。というのも、使用しているメモリが物理メモリの容量を大きく超えて、スワップ使用領域が数GBに膨れ上がっていたのだ。スワップ使用領域とは、メモリで処理しきれない演算をHDDやSSDで処理している容量のことで、HDDの性質上処理に大変時間がかかるらしい(全然意味不明だけどそうらしい)。

というわけで、メモリを食ってる上位陣から死んでもらおうと思い、アクティビティモニタを調べたところ、大半が「Google Chrome Helper」だということが分かった(写真参照)。これが働いているおかげでChromeの動作が速くなっているらしく、さらにこれはChromeで開いたタブを対象に動きはじめ、Chromeを再起動するまで働き続けるらしい(厄介なことにタブを閉じるだけではダメ)。操作性向上のためにメモリを使って、そのせいでメモリがパンクして動作が遅くなるとはなんともアホな話である。極度の面倒臭がり屋のぼくは、日頃Macをスリープで放置するのは当たり前、酷いときだとChromeも開きっぱなしで帰ってしまうので相当な量の「Google Chrome Helper」が溜まっていたのだ。でも動作が重くなるたびに毎回Chromeを再起動するのは面倒ですよ、人間だもの、、、とか思っていたらそんな不精なぼくのためのaddonがすでに用意されていた。「TabMemFree」というaddon(これもフリー)を使えば、一定時間触っていないタブのメモリを落とすことができるようになる。これでかなりの量の「Google Chrome Helper」が落ち、ようやく使用済みメモリが物理メモリを下回って、スワップ使用領域もずいぶん小さくなった。アプリの快適さもずいぶん取り戻してきた。

とはいえ、ほとんどアプリケーションを開いていないこの状態でメモリが上限いっぱい4GB付近でうろちょろされるのは(精神衛生上もよくないし)困る。そこで、次に目をつけたのが「確保されているメモリ(Wired Memory)」である。この部分が使用済みメモリのうち2GBほど使っていたのだ。どうにかこれを絞れないだろうか、と色々調べつつ、メモリを節約できそうな記事を見つけてはそれを試していた。そんなこんなで色々試しつつ、再起動が必要な動作が出てきたので再起動なしにできる動作を全て試したあとに、再起動してみた。点くかどうか非常に不安だったが、なんとか起動してくれた。再びアクティビティモニタを確認すると「確保されているメモリ」が1GB以下に激減していた。何が原因だったのかさっぱり分からないけれど、困ったときは再起動してみるものである。ずいぶんまともに動くようになってきた。しばらくはこれで様子見かな。

とまぁ、今日はずいぶんPCにいじめられた1日だった。しかし全くメモリなんか意識せずに使っている私用のAirはなんでこんな快適に動くのだろうと思って、家に帰ってAirのアクティビティモニタを調べてみた(実は上の画像はAirのアクティビティモニタ)。するとスワップ使用領域が1GBを超えているのじゃないか!なのに動作はサクサク。研究室のProと違いがあるとすれば、ProはHDDでAirはSSDな点くらい(メモリは同じ4GB)。ぼくの今日1日の苦労はSSD(あるいは8GBのHDD)のパソコンを研究室からもらえていたら全くなかったのかと思うと少し悲しくなった(私用のAirに「TabMemFree」を入れることができたのはよかったけど)。
明日はパソコンではなく物理の勉強がしたい。とほほ。
 2016.9.8(Thu) 東京 雨
今日は朝から体調が悪く、このまま惰性で研究室に行っても何も生み出せないだろうと思い、思い切って休むことにした。夕方頃にはマシになってきたので、来期の測定に向けて少し考え事をしていた。今週の休みを1つ使ってしまったので、土曜も研究室に行くことにしよう。
Matrix Elementについてもっと系統的に理解したいと考えているのだけれど、なにか良い文献はないだろうか。ARPESの強度が双極子遷移の行列要素に比例していることは間違いないと思うのだけど、たぶん光によって励起された電子が物質表面に至る際の他の原子との散乱が効いて、話をややこしくしているんじゃないのかなーと考えている。このプロセスをどう近似すればよいか、どのような数式で表現できるのかはよく分からない。

昨日インターンに来ていた友人と話したことで、将来の選択肢が1つ増えた。やはり井の中に篭ってないで、自分の知らないことに詳しいいろんな人と話すのは極めて有意義だと思う。
 2016.9.7(Wed) 東京 雨のち晴れ
今日も今日とて解析をしていたがあまり進捗がなかった。まわりが学会発表で追われている中、自分だけ解析をしているのでなんともペースが掴みづらい。
京都の友達がインターンで東京に来ていたので晩飯を一緒に食い、いろいろ懐かしい話をした。
 2016.9.6(Tue) 東京 晴れ
今日はtight-bindingのシミュレーションにanti-bondingとbondingのバンド分裂を考慮してフェルミ面を描けるように改良した。先輩からもらったマクロではprimitiveなtight-binding fitしかできなかったが、そこからBi2212のモジュレーション、電子ネマティック、anti-bondigとbondingの分裂など、この1ヶ月で随分自分仕様の解析ツールに仕上がってきた。
昨日に引き続き、第8回日本放射光学会 放射光基礎講習会で、cuprateのRIXSの講演があったので聞きに行った(午前の座学は寝坊してしまった)。RIXSの話は初めて聞いたけれど、初めてARPESの話を聞いたときのARPESよりかなりスルッと頭に入った。半年前より頭が光学に慣れているせいだろうか?cuprateについても知識が増強される形でさらに詳しくなれた。発表はしないけれど学会に行っていろんな話を聞いた方が良かったかも、と今日の講演を聞いて思った。
 2016.9.5(Mon) 東京 晴れ
午前は先生に最近の結果報告。方向性は悪くなさそうだ。もう少し解析を頑張ってみる。あと一歩な感じがしている。
午後は第8回日本放射光学会 放射光基礎講習会に参加した。ビームラインの上流部分など、今までなんとなくブラックボックスだった部分について詳しく知ることができて良かった。懇親会では今後の進路について参考になりそうなお話を聞くことができ、ためになった。何名かから名刺を頂いたので、自分も作っておいた方が良いのかなぁと思った。このホームページのアドレスを教えればよかったかな?
 2016.9.4(Sun) 東京 晴れ
昼間はバドミントン。なんだか今日は体調が今ひとつで、終わったあとものすごく吐き気がして気持ち悪かった。クラブの先輩に太りやすい体質と体力が落ちていることを見抜かれてしまい、週に1度くらいは体を動かしに来た方が良いと言ってくださったので、これからも可能な限り継続していきたい。 今日は休肝。
 2016.9.3(Sat) 東京 晴れ
sengakuji 今日は泉岳寺に出かけた。別に歴史マニアではないし、御朱印集めなどの高尚な趣味があるわけでもないのだが、千代田線で泉岳寺行きというのをよく見るので気になっていたのだ。京都の寺社仏閣というのはやはり大きいらしく、泉岳寺の小ささに驚いた。(とはいえ、これでも東京の寺の中では大きい方らしい。)
そのあとはニコンの企業展示館に行ってみた。こちらは想像よりも広くて長居した。カメラについて一定の知識を得たが、カメラは子どもができたら熱狂的にハマる予定なので今のところは軽く勉強するに止めておく。品川はこういう企業の展示館がたくさんあるみたいで他にも行ってみたいと思った。
アフター5でチケットが安くなるので、夕方は品川のアクアパークへ。魚の名前の解説などが全然なく、水族館を完全にアミューズメント方向に落とし込む作りになっていて斬新さを感じた。確かに学名なんか誰も見ないもんね。水族館は結構好きなので今まで何度かイルカショーを見てきたが、さすが東京のイルカ、鍛えられ方が違った。
 2016.9.2(Fri) 東京 快晴
ここ最近頑張っていたのに昨日はうまくいかないことばっかりだと腐って、貪るように酒を飲みまくり、今日は昼まで不貞寝していた。
次の方針を探すためにも昼からはここ最近の解析を整理していた。思えばがむしゃらに進むだけ進んで、得た結果の整理をしていなかったのだ。するとその最中にまた良い(かもしれない)解釈を思い浮かんだ。先輩にその考えを伝えると、良いんじゃないかと同意してくださり、「ようやくそれらしい図も作れるようになってきたね」と自分の解析についてお褒めの言葉も頂いたのでまたやる気になった。単純である。また月曜から頑張ろう。
夜は京大時代の理学部の友人が東京に帰省していたので恵比寿に飲みに出かけた。気の知れた友人同士、異性ということで話せることもあり、日頃研究室の人たちとはできないような話をして、お互い将来に思いを馳せた。こういう友人を大切にしたいと切に思う。
 2016.9.1(Thu) 東京 晴れ
同居人の蚊はどこかへ行ってくれたようで、朝起きてもかゆみはなかったが、彼女のおかげで早起きが習慣になった。今日も8時代に研究室へ。
今日はフェルミ面をC2対称性から決定する関数を書いた。簡単な計算なのだが、(気がついてしまえば)単純なミスのせいで数時間費やすことになった。2日前良いかもと思っていた結果も改めてよく見ると解釈が難しそうで、また泥沼にはまってしまった。ま、先を急がずできることからやってみようと思う。
今日は某リーディング大学院制度の結果発表の日だったらしい。ぼくの知り合いはみんな受かっていたようでめでたかった。この制度の締め切り日周辺は実験してもちっとも結果が出ず、失敗ばかりであまりにも辛い日々が続いたので、えいやで出願しなかったが、今になってちょっと後悔している。ちょっとだけ。

top page