[:ja]【備忘録】フランスの郵便局事情:荷物の受取[:]

[:ja]不在表の対応(LA POSTE)とAmazon.frの商品受け取りについてです.

インターネットの情報によると,フランスの郵便局は評判がよくありませんので,日本から荷物を送るときは不安になると思います.またAmazonのようなネットショッピングも同様の問題が出てきます.

ここでは,不在表が入った時の対応方法とAmazon.frの商品の受け取り方を記録しておきます.まず前提として,私は学生寮(CROUS)ではなく,普通のアパートに住んでいます.住居形態が違う場合は不在表の対応は変わるかもしれません.

国際小包の場合:

不在表はアパートの入り口の内側にあるポストに入ります.通常,アパートの入り口はデジコード等のカギがかかっているのですが,なぜか郵便局員の方は開けられるようです.(もちろん部屋の入り口にもカギがあるので,家の中に入られることはありません.)LA POSTEの不在表はこんな感じです.


なんの手続きもしなければ,次の日にもう一度配達に来ます(経験上,毎回同じような時間に来ます)が,受け取れなかった場合は大変です.指定された郵便局まで取りに行くことになります.私の場合,その場所が家から離れているので面倒くさいことになります.指定される郵便局は毎回同じですので,そこが近い方はそれでもいいと思います.

私は毎回,LA POSTEのページから再配達の手続きをして,近くの郵便局に配達してもらいます.1~2週間くらいは保管してくれるので,適当に引き取りに行きます.手続きは簡単です.再配達用の番号と郵便番号を入力して,再配達先を指定するだけです.郵便局以外にも街中のお店等の選択肢があるので,家から近いところを選びます.お店の営業時間は確認した方がいいです.最後に,引き取り用の書類(pdf)が発行されるので,それ印刷しておくと引き取り時に便利です.また,この書類の他にIDが必要です.

小型包装物(書留なし)の場合:

小型包装物を書留なしで送ると,追跡番号が付与されませんので,受け取りに不安を感じると思いますが,問題ありませんでした.国際小包と同様,不在表がポストに入ってます.

国際小包と同じようなものですが,小型包装物の場合は再配達先の郵便局は勝手に決められます.不在表の右下部分に書かれています.私の場合,いつも再配達先に指定している最寄りの郵便局でしたが,必ず最寄りになるかはわかりません.受け取り時の手続きは国際小包と同じです.

今のところ,この方法で問題なく荷物を受け取れています.

また,Amazon.frについてですが,コンビニ受け取りがあります.正確にはコンビニではなく,郵便局同様,近くのお店(郵便局)に届けてもらえます.引き取りも簡単で,荷物が届いたころにお店に行ってIDを見せるだけです.この方法が確実です.私の場合,Amazonが発送する商品を購入すると,自宅と同じ通りにあるお店を届け先に指定できます.幸いなことにそのお店の主人は英語を話せるので,毎回そこを利用しています.出品者によっては,近場を指定できないこともあると思いますが,このような場合はあきらめています.(車ほしいです.)

新生活のスタートにおいて,ネットショッピングは強力な味方です.フランスの場合,郵送業の評判が悪すぎて,不安になると思います.ここに記した内容は,あくまでも私の場合ですが,今のところすべての商品を確実に受け取れています(注文履歴を見ると28回でした).

他にいい方法があれば追記します.[:]