[:ja]Marie Skłodowska-Curie Actionsについて[:]

[:ja]こんにちは.略歴にもありますように,2017年1月から学位取得を目的としてヨーロッパに留学しております.

今回の留学で,私は,Marie Skłodowska-Curie Actionsというプログラムに参加しております.これは「HORIZON 2020」とよばれる,EU全体の研究開発をサポートする計画の中のひとつです.なんだか大きなプログラムのようにも聞こえますが,学生の立場からすれば,普通の学生と比べて,外部との交流機会に恵まれるくらいの違いです.

2017年3月現在,Marie Skłodowska-Curie Actionsに関する経験談(日本語)はないようですので,その記録を残していきたいと思います.

また,最近は良質な留学経験談が多く,あえて私が記録する必要ないことも含みますが,お気になさらず.


Marie Skłodowska-Curie Actions

◇ 目的 ◇

さまざまな環境にいる研究者に対し,そのキャリアを成功させるために必要なスキルと国際的な経験を提供すること.

◇ 対象 ◇

博士課程の学生を含む若手から,すでに管理職についている経験豊富な研究者,さらには事務職員や技師まで,研究に携わるあらゆる人を対象としている.

◇ 4種類のプログラム ◇

Innovative Training Networks (ITN)

博士課程の学生に,大学だけでなく,公的な研究機関や,民間企業での研究経験を提供するプログラムです.研究のスキルはもちろん,ビジネスにつなげる力の向上を目指しているようです.私が参加しているプロジェクトはこれに該当します.

・応募と採用について

ITNは,個人で応募できません.さまざまな研究機関に所属するPIが協力して,一つの大きな研究プロジェクトとして応募します.この計画の段階では,全体のプロジェクトを小分けにした研究テーマが決められています.

プロジェクトが採択されると,各研究テーマごとに学生の募集があります.希望する学生はここへ応募することになります.それぞれのテーマで指導教官が決まっているので,採用される学生は指導教官が決定します.通常は,面接などを通して決まるようです.

私の場合,採択が決まったプロジェクトに関わる先生が,日本の大学に招聘教授として滞在していたこともあり,私のことを覚えていたので,さっくり採用してもらいました.(昨夏の学会で,ポスター賞をもらったときにはお祝いの言葉もいただきました.最終的には2016年夏に,日本に来られた時に2時間ほど雑談交じりの面接(?)でOKくれました.)

また,私がこの三年間でお世話になる研究機関はUniversité de Rouen Normandie(フランス),ETH Zürich(スイス),Radboud Universiteit Nijmegen(オランダ),Merck KGaA(ドイツ)の予定です.具体的には2017年1月~5月はフランス,6月(1~2カ月)はスイス,7月~10月はフランス,11月~2018年1月(3~5カ月)はオランダ,2月~2019年1月はフランス,2月~4月(3~5カ月)はドイツ,5月~12月はフランスです.いろいろな国で生活できることは楽しそうですが,その反面「本当に3年でPh.D.とれるんだろうか…?」という不安感はあります.

Individual Fellowships (IF)

博士号取得から4年以上研究経験を積んだ人が対象です.EU圏内の研究者を支援するプログラム(Global Fellowships)と,世界の優秀な研究者がEU域内で研究することを支援するプログラム(European Fellowships)があります.

所属予定の研究機関と話し合いながら,研究計画書を作成し,提出するようです.日本の学振PDと似たようなものかと思います.

Research and Innovation Staff Exchange (RISE):

研究者または研究機関の事務職員や技師といったスタッフが,他の機関へ短期間(1カ月~1年間)出向し,他機関における研究技術を学ぶことにより,キャリアを支援するプログラムです.短期の交換留学に近いプログラムです.

Co-funding of regional, national and international programs (COFUND):

新規または既存の地域,国家,国際レベルの研究,キャリア支援プログラムに対して,追加の資金を提供するプログラムです.詳しいことはわかりませんが,おそらく研究室の運営にかかる資金(スタッフ,学生の人件費など)に使えるものだと思われます.


簡単にですが,まとめてみました.間違いや追記がありましたら,随時更新していきます.[:]